ツアーの車窓から

ハロー、お元気ですか?

私は今神戸へ向かう新幹線の中です。
梅雨の隙間の青空と流れる車窓を見ながら、こうして文章を綴っています。今日はイヤホンを忘れてしまって、この3時間余りの時間、音楽抜きでどう有意義に過ごそうかと考え…とまぁ、つまりは暇な訳です。少しの間お付き合いください。

さて、4月から始まったツアーもだいたい折り返しです。日本各地を巡って来ましたが、先月は札幌へ行ってきました。
20140701-123209-45129064.jpg
空が広くて本当に気持ちいい!
梅雨のないこの時期、とても良い気候でした。

札幌公演では、現在sugar meバンドでギターサポートをしてくれている吉津くんがゲスト出演してくれました!遠いところ本当にありがとう。吉津くんの前やっていたバンドnumber0の『Irene』という曲を、特別に3人で演奏しました。


20140701-123638-45398049.jpg
コーラスとして参加させてもらったこの曲がきっかけで、堀江さんに私の歌が届いて、今のツアーがあるんです。いわば出会いの種、始まりの曲ですね。
北海道は故郷ということもあり、自分のルーツを再確認できた忘れられない一夜になりました。ご来場頂いた皆さん、本当にありがとうございました!また札幌で会えるのを楽しみにしています。

今回はせっかくなので、少しだけ実家でのんびりしてから帰ることにしました。


20140701-124902-46142556.jpg

20140701-124903-46143061.jpg

20140701-125117-46277907.jpg
この春生まれたであろう仔牛がとても可愛かった!

田舎はやっぱりのんびりしていて、空と大地と素朴な人たちの愛情が相変わらずそこにありました。新緑の柔らかい匂いもとても懐かしかった。

生まれたままの自分をそのまま愛してくれた人たちと、音楽を通して出会ってきた人たち、これから広がっていくだろう世界のことをぼんやりと思った。どれも同じくらい大切な、私の宝物。

窓の外はようやく名古屋あたりかな。新幹線は初めての土地、神戸へと向かいます。これから先、どんな出会いが待っているんだろう。新しいものへの好奇心も、いつかそれがお馴染みの心地よい日常になっていく過程も、どちらも楽しめる人生でありたいな。

さぁ、一眠りして目覚めた頃には、きっと新しい景色に出会えることでしょう。画面の外にいるあなたにも、いつか出会えますように。



sugar me
xxx
POSTED : July 1st, 2014

特等席

雨の日の唯一の救いは、ピアノの曲が美しく響くこと。



曇天の日はGonzalesのsolo piano、反射的に聞きたくなっちゃうんだよな。



ショパンは雨だれよりも別れの曲が雨の気分だったり。

ピアノは小さい頃に習っていたけど、すぐに挫折してしまったタイプです。
今更ながらやっておけば良かったなぁ。
小さい頃はこんなに音楽が好きになるなんて思ってもいなかったもの。

そういえば、レオナルド・ダ・ヴィンチが考案した「チェロの音が出るピアノ」って、知ってます?



500年の時を経て再現されたらしいです。
ピアノである必然性とか全然ないけど(笑)、これも良い音だなぁ。

さて、『hirohisa HORIE × sugar me We’ll meet again – SOLO ACOUSTIC TOUR 2014』もツアーファイナルの東京公演が発表になりました。ご予約もたくさん頂いているみたいで、今から気合いが入ります。早く会いたい!当日は特別な会場で、特別な演出で、特別な時間をお届け出来たらと思います。詳細はこちらから。
hirohisa HORIE × sugar meのスペシャルインタヴューやEPのレーベル通販も同時発表となりました。

今回はアコースティック・ツアーということで、基本的に生のピアノがある会場でライブをしています。やっぱりピアノは他の楽器と比べても特別だそうで、堀江さんも弾いているときすごく楽しそう。そんなピアノのすぐ隣で歌っていると、ここが一番の特等席なんだろうなとふと思う瞬間があります。(来てくれたお客さんには申し訳ないけど、出演者特権ということで許して)特に金沢の会場だったもっきりやさんは、音がダイレクトに体に響いて声と共鳴する感覚があって、なんとも言えない気持ちよさでした。

堀江さんいわく、「お店のピアノは家猫みたいなもので、そこでしか会えない音がするんだよ」だそうですが、確かにとてもスペシャル。いつでもどこでも連れて行けるギターとは、また別の音の楽しみ方なんでしょうね。

 

sugar me
xxx
POSTED : June 11th, 2014

SUMMER JOURNEY

こんにちは。今日も暑いですね。
もう夏なんじゃないかと錯覚してしまいそうだけど、これから梅雨になるんだよね…
あまり考えたくないけど。

ところで、KINFOLK Japan Edition Vol.5 もう見て頂けたでしょうか?
日本版のみのスペシャル特典Book In Bookにsugar me出ています。
なんと表紙にも!(すごい!)

今回は塩特集ということで、海で撮影してきました。
本編も塩にまつわる情報やウィットに富んだコラムが満載。
生命の源、母なる海。夏生まれにはたまりません。

20140604-122702-44822986.jpg
撮影はもちろん世界の濱ちゃんこと濱田英明さん。
写真を撮られるのは苦手と思っていたけれど、こうして作品になると全然嫌みじゃなくなるのが不思議。やっぱりプロの技ってすごいな。

では、撮影の様子をいくつかどうぞ。

20140604-122703-44823414.jpg

 

20140604-122703-44823199.jpg

 

20140604-122937-44977585.jpg
最後は小道具で遊ぶ濱ちゃんとスタイリストの坂入さん。お茶目。笑
楽しい時間でした!また機会があるといいな。ありがとうございました。

KINFOLKはアメリカ・ポートランド発のライフスタイルマガジン。
雑誌と呼ぶのがもったいないくらい写真やデザインが美しく、
お部屋に置いているととても満たされた気持ちになれます。
こうして参加させてもらう前から気に入って購読していたので、
素直にオススメです!

一足先に紙面から夏の訪れを感じてみるのはいかがでしょう?
一緒に夏の冒険に出掛けましょう。

 

 

sugar me
xxx
POSTED : June 4th, 2014

レコード屋の宇宙

かなり久しぶりですが、ブログを更新しています。
もう今日はすっかり初夏の陽気で、もう半袖でも十分なくらいですね。
後でアイスクリームでも買って来ようっと。

さて、書きたい宣伝やニュースは山ほどあるのですが、相も変わらずダラダラくだらないことを書いていこうと思います。宣伝するよりもその方が書いていて楽しいので。(読む方が楽しいかはともかくとして)
先日、レコード屋をのぞいて、ちょっと久しぶりにCDのジャケ買いをしました。今はネットであらゆる音楽を視聴できる便利な時代なので、中身を知らずにお金を出してCDを買うというのは、本来とは違った意味でとても贅沢な気持ちになりますね。

20140503-122957.jpg
(ジャケ買いしたのは右にあるMark Fryの『 Dreaming With Alice』というやつ)

私は情報過疎地で育ったこともあり元々音楽情報に疎く、系統的に音楽を聴くということをしてこなかったし、自分で掘り下げるよりも友達や周りの人に教えてもらって音楽を知るということが多く、お世辞にも良いリスナーとは言えないんじゃないかと思っています。そんな後ろめたさも手伝ってか、レコード屋さんに行くのって何故か苦手というか、変に緊張していました。

一つひとつの円盤の中に1時間前後の楽しい音楽が詰まっているのかと思うと動悸が激しくなるし、ラックには自分の知らない音楽世界が無限に広がっていて目が回るし、自分よりも確実に音楽に詳しいであろう店員さんの元に、選んだ音楽を持っていくなんて、センスを値踏みされているようで正直怖かったんだと思います。常連らしきおじさまがパタパタとレコードを繰る音とか、掛かっているマニアックな音楽とか、飛び交う音楽用語とか。そういうレコード屋宇宙みたいなものに憧れとともに畏怖の念というか、そういうものを感じていたのかもしれません。

今は昔より音楽の相関関係がわかるようになって、少しずつそんな空気も楽しめるようになりました。言うなれば漠然とした音楽宇宙の円盤星に一つひとつ名前が付いてきたような感じ。細切れの情報を仕入れることも良いのだけれど、それを繋げることができるともっともっと世界が楽しくなるような気がします。星座の名前を覚えるみたいな感じで。

インターネットばかりしているとどうしても情報過多になってしまって、どうやって情報の洪水から自分を守るかということを真剣に考えてしまうのですが、今日はこれからゆっくりと音楽を聴く時間にしたいと思います。
木の根っこがゆっくりと水を吸い上げるような、そういうペースが一番自分に合っているみたいだから。
sugar me
xxx
POSTED : May 3rd, 2014

Interview & Live 話したり歌ったりの日々

66858441

松永良平さんによるロングインタビューをRallye HPにて掲載していただきました。

sugar me official interview

楽しくてついつい喋りすぎてしまった気もしますが、松永さんの素晴らしい文章力のおかげで、長さを感じさせずにとても読みやすい仕上がりになっていると思います。本当にどうもありがとうございました!一応レーベルのオフィシャルなインタビューということだったので、気負わずに素直な気持ちでお話させてもらいました。少しでもsugar meの音楽に興味を持ってもらえた方に、自分の気持ちが伝わると良いなと思います。もちろん音楽さえ聴いてもらえれば十分伝わると思っているし、それで万事OKなのかもしれないけれど、私は言葉には音楽と同じくらい魔法の力があると信じています。言葉を発することで少しでも伝わることがあるなら、こうして発信する機会も大切にしたいな。

また、TOWER RECORDSのフリーペーパー『bounce』にも別のインタビューが掲載されます。明日から店頭に並ぶようなので、CDを買いに行くついでにお手に取ってみてください。
そして、TOWER RECORDS 渋谷店でのインストアライブも決定しました。

TOWER RECORDS in store live

2014年1月26日(sun)の14:00~3Fの会場です。
こちらはアコースティックセットになります。観覧フリーなので是非お立ち寄りください。

それから、とうとう情報解禁となったので、発表します。
sugar me 1st AL 『Why White Y?』 レコ発ライブ、やります!

sugar me レコ発 live info

2014年 2月2日 (sun) 渋谷7th Floor にて決定です。
初めてのアルバムの、初のバンドセットでのライブ、実はワンマンライブも初めてです。初ものづくしの記念ライブ、sugar meのライブが初めての方にも是非来て頂きたいです!

そんなこんなで昨日はsugar me band初めての練習でした。
アルバムの世界観を崩さず、いかにライブで楽しんでもらえるか。素晴らしいメンバーの力を借りながら、おかげで楽しいライブになる予感でいっぱいです。もっともっと頑張るぞー!と思える刺激的なリハーサルでした。
年末年始はストイックにギターの基礎練習に明け暮れそうです。笑

 

 

sugar me
xxx

 
POSTED : December 24th, 2013

ARCHIVES
  • 2018年September (1)
  • 2017年September (1)
  • 2016年June (2)
  • 2015年November (1)
  • 2015年September (1)
  • 2015年August (1)
  • 2015年June (1)
  • 2015年April (1)
  • 2014年August (1)
  • 2014年July (1)
  • 2014年June (2)
  • 2014年May (1)
  • 2013年December (3)
  • 2013年November (2)
  • 2013年October (1)
  • 2013年September (5)
  • 2013年August (9)
  • 2013年June (2)
  • 2013年May (2)
  • 2013年April (8)
  • ページ上部へ