手ぶらの効用

image1

 

旅を経て、一番大変だったのは荷物の多さ。
元々荷物は多くない方だと思うけど、それでも着替えやら化粧道具やら、なんだかんだとスーツケースに詰めて、楽器も背負ってとなると、どうしても自分の動きは制限されるし、身体にも負担がかかる。いくら身軽に生きていきたいと願っても、どうしても生活に必要なものは付いて回る。

ここ数日はその反動か、手ぶらで出掛けたり、お散歩するのがお気に入り。普段は近所のコンビニに行くにもちょっとしたカバンを持って出かけるし、手に何も持たずに外を歩くということが不自然に感じる。手ぶらに慣れるまではちょっと不安に感じるけど、慣れてしまうととても快適!しっかりと歩くことに集中できるし、身体と対話している実感がある。私はいつも左の肩にカバンをかけるクセがあって、左の腕をしっかり振るのが苦手なようで、意識して動かしてみたり。普段どれほど自分が不自然な姿勢で生活しているのか、カバンを持たないだけでとてもはっきりと見えてくる。お散歩するときにオススメです。

ちなみに、手ぶら初心者の私は家の鍵と携帯電話、1000円くらいの現金をポケットに入れて出掛けます。外を楽しそうに駆け回る近所の子供のように、まったく何も持たないというのは大人になるとさすがに難しいみたいです。完全なる手ぶらへの道はまだまだ遠い。

sugar me
xxx
POSTED : June 13th, 2016

旅の終わりの雑記

ツアーが終わり、久しぶりにのんびりした時間が流れています。

1月レコ発に始まり、名古屋・大阪・福岡・長崎・仙台・札幌・徳島、
そして再び東京と、今までで一番長い旅だったんじゃないかな。
ツアーとは別に山口・大阪・金沢にも行くことができて、
気がつけばいつもトランクを引いて、知らない駅に立っていたような気がします。
どの土地にもそれぞれの風景があって、そこに住む人がいて、ストーリーがあって、
一つひとつ思い出を語り始めると朝になりそうなくらいです。

音楽を聴きに来てくれた人たちも、イベントに関わってくれた人たちもみんな温かくて、初めましての人も旅の終わりには古くからの仲間のように感じるような、素晴らしい出会いに恵まれました。どこに住んでいようと、同じような感覚を持ってこの時代に生きている。そういう人たちがいるという実感が、これからも音楽の背中を押してくれることでしょう。

ツアーファイナルは自分が音楽で作りたいものがそのまま空間になったような、少し高揚した感覚のライブでした。
その風景を少しおすそ分け。

s__CHR0416

s__CHR0395-2

s__CHR0412
 

旅の終わりにふさわしい素敵な夜になりました。

securedownload

会場のレストランLife sonは、お店が始まって4周年。
私がsugar meとして活動を始めたのがだいたい4年前なので、ある意味同級生です。
4年間で少しは成長できたかな?
まだまだ学びたいことや、見たい風景、会いたい人がたくさんいます。
そんな期待やワクワクがさらに刺激された旅、
AROUND the CORNER LIVE tour 2016
初めから最後まで、本当に楽しい時間でした。

ありがとう。

次に旅に出るときは、またお会いできますように。

 

Photo by Chihiro Ishino

sugar me
xxx
POSTED : June 12th, 2016

ARCHIVES
  • 2018年September (1)
  • 2017年September (1)
  • 2016年June (2)
  • 2015年November (1)
  • 2015年September (1)
  • 2015年August (1)
  • 2015年June (1)
  • 2015年April (1)
  • 2014年August (1)
  • 2014年July (1)
  • 2014年June (2)
  • 2014年May (1)
  • 2013年December (3)
  • 2013年November (2)
  • 2013年October (1)
  • 2013年September (5)
  • 2013年August (9)
  • 2013年June (2)
  • 2013年May (2)
  • 2013年April (8)
  • ページ上部へ